top of page
topimg.jpeg
h1.png
nihon.jpg
igirisu.png
住所・アクセス・お問い合わせ
営業時間・電話番号

屋号名:東京蛍堂 TokyoHotarudo とうきょうほたるどう
所在地:〒111-0032 東京都台東区浅草1-41-8

1-41-8 Asakusa,Taito-ku, Tokyo-to 111-0032Japan

090-5438-4223

03-3845-7563

営業時間:11:00〜20:00

営業日:水曜日~日曜日

Business days are Wednesday to Sunday

月・火曜が定休日(祝日は営業・ゴールデンウィーク・お正月・お盆も営業)
Closed on Mon.Tue.(Open on holiday)

ショートメール

090-5438-4223
PCメール
gentle@sea.plala.or.jp

事業内容 古物、アンティークの販売買取

古物商許可東京公安員会許可第304410306095

noguchisyokudo.jpg

​東京蛍堂について

多分、、地元の人も知らない、、隠れた名所、文化遺産、、 蜘蛛の巣だらけだった店内、怖くて入れなかった地下室の謎 自分で調べると、、、大正時代からあった大衆食堂の従業員の宿舎跡地(現蛍堂)で本店が現在のかき小屋(壊された)と繋がって、こちらだけが、奥まって残された様です。 古地図を見ると、本店を中心に半径五十メートル程、 、現在の浅草公会堂前に豪華木造三階立とこの辺り一帯が野口食堂関連跡地で、何棟も景気が良い時に建て増しで広がっていった様です。 当店内奥の冷っとする半地下室が、食品の貯蔵庫。その上、中二階が控え室、アプローチ横が食堂メイン部分。 二階や繋がっているところは、従業員が住んでいたようです。 内装を見ていると1950~60年くらいの素材なので、戦争で爆撃された後地下室が残り、リフォームしたものだと思われます。 そして、時代が変わり町も変わり、ここだけが取り残されてしまっていた状態でした。だから町の人も知りません。。 私と蛍堂の最初の出会いの様子がこちら、、★ 当時のオリジナルの風合いを意識しながら、20年近くみんなで手作りで少しずつ内装しました。(漆喰、床等) 。 注意して散策して見て下さい…。至る所にその形跡が…。 内装中に落ちてきた。当時の従業員の集合写真には、何かのお祝い事のようで、かなりの人数で写っていますから、大変規模が大きかった事が窺えます。 呼ばれたな…”、これは、やるしかない”と…、 野口食堂は、成瀬巳喜男監督『乙女ごころ三人姉妹』(1935年トーキー第1作)にも、活気ある浅草風景の中に出てきます…。

​最新情報

●取扱商品

和洋折衷な独自のアンティークや骨董品、

和洋装身に着けるもの、戦前着物、

中折れ帽、眼鏡、ステッキ、靴、コート

ワンピース、クロシェ、レース手袋、サングラス

ランプ、電傘、、

​電気類はメンテナンスして使える様にしてあります。

クレジットカード対応しております。

クーリングオフについて

お買い上げいただいた商品に不都合な点やご不満が

ございました場合は、商品ご購入後7日まで

クーリングオフの期間を設けております。

●買い取り

お引越し、遺品整理、家を壊す時、家の中の整理の際や、
蔵や倉庫、不用品、物置、押入れの奥に眠っているものなど。

小さいものを中心に身に着けるもの。材質の良いもの、作りの良いもの、戦前のもの、
ジュエリー、アクセサリー類、戦前着物一切、帯留め、
中折れ帽、ステッキ、ドレス、サングラス、眼鏡、時計、カフス、刺繍、螺鈿、印伝、漆、
鞄、、、等等

地方の買取も旅行がてら見積もりに伺えます。(作業服着用)

品物が買い取れるかどうか不安や分からない場合、、

●一番スムーズなのは、携帯のラインlineの動画で、ぱーとひと順繰り全体と部分的に
映して送ってくれると分かりやすいです。

★09054384223にショートメールを送って戴き、こちらからラインの招待を送ります。

予定を合わせ訪問し、
その場で、お互いに折りが合えば、現金買取で成立。

後日、考えてからの銀行振り込みもでも可能です。

面倒くさい場合は、ダンボールで纏めて着払いにてこちらに送って頂いても結構です。

お友達や親戚の紹介もお願い致します。大正時代、でなくても古ければ古いほど良いです。

一度、眠っているもの、使ってないものご相談下さい。

111-0032 東京都台東区浅草1-41-8

古物商店 東京蛍堂 稲本淳一郎 宛

電話番号 09054384223

パソコンメール gentle@sea.plala.or.jp

古物商許可東京公安員会許可第304410306095
 

●商品レンタル、マスメディアさまへ

商品のレンタルサービスを行っております。

舞台、映画、ロケ、物撮りに添えるなど、商品代金の3割で二週間のレンタルになります。

★汗をかく洋服や消耗品はレンタルできません★

(クリーニングに出すと負荷が掛かる為。)買取をお願いしております。数ある

場合は勉強し頑張ります。

若いスタイリストさんと先輩へ

若いスタイリストさんは駆け出しでお金が無い上、上司に無理難題を言われ

お店に交渉にきます。こちらお店も、食べていかないといけませんし

ボランティアではありません、、イギリスの国営放送、ダウントンアビー

やピーキーブラインズ、シャーロックホームズ等見てるとブラウス一つから

色味、生地、作りの良いものを映し込んで有り、それを見てから日本のドラマや映画を見ると、、

若くて知識無くてお金ないのはあたりまえですが、保護者である先輩方が

少しその辺りを考えてあげないと、安くてチープなもの達ばかりの選択が映り込み

まったく、時代もセンスもない、ちぐはぐな映像になります。文化はそうゆうところ

から底上げしていかなければいけないとおもうのです、、共存共栄どこにお金と時間を使うかです、、目先の事でなく、長い目で育ててあげて下さいね。。

こちらも、お金や知名度上げれば良い等でやってないので

無償レンタル貸しでクレジット表記など別にいりません、、


●コンセプト

懐古主義ではない

昔からある普遍的なデザイン+現代テクノロジーで⇒未来へがコンセプト

だって、、坂本龍馬が生きていたらあんな恰好しないと思うし、、

もし、昔の人が蘇ってきたら胸張って話せるように、、


●倶楽部文化活動私の生涯学習

 戦前。散って亡くなっていった若者や文化人がやりたかった事と現代をのせてを蘇らせたい。。

現在、、経済や物事を合理して化して、自分の国のアイデンティティ含め行方不明である。 私利私欲の西洋主義。 そして、少し前なら信念を含め誘導するかっこいいオトナがいなくなったしまった、、

例えば、仮面ライダー、、熱い思いや夢をもつ少年に、難しい武士道を教える より、ビジュアル的に分かりやすく、半分機械半分人間の苦悩と武士道精神を 落とし込んだ。当時、騒音迷惑行為とされ、どうしても、抑えきれない衝動で暴走に走った悪印象とされた バイクのイメージをヒーローに変換させた石ノ森章太郎。そして、ショッカーの正体は企業だったのだ、、 もう少し前だと、民謡と歌謡を融合させ、地域活性させ、地域の誇りを残した西城八十 ドイツで学んで短歌を西洋融合して国民にも親しまれた滝廉太郎。 武士道を嗜み、西洋の騎士道をやり、騎士道に乗っ取ってわかり易く訳した世界的ベストセラー武士道のに新渡戸稲造。 憧れの西洋の香りをコメディー調で紹介した夢で逢いましょうの永六輔 みんなみんな死んでしまったが、、こうゆう大人に憧れるので、、その思いを 現代なので、世界と繋がり、言葉もいらない文化の事をじっくり信じて交流しやっていきたい。

 

●風呂敷茶道倶楽部について 
和洋折衷の 
和部分は日本総合芸術である茶道に学ぶ 
 
お店に立っていると、、流派やしきたりや行事やお金で苦しんでいる人が如何に多く悩んでいる事か…なので師範を持ちません 
趣味です。 
みんなで風呂敷一枚の上で茶道が出来るかを 
不定期で研究していきます。 (野点方式に近いイメージ) 
なので。

流派問わず先生方もそっと遊びに来て 教えて下さいね
 
スタイルや場所についてはこちら

09054384223 稲本まで

●東京クラシックタンゴ倶楽部について 
和洋折衷の

洋はダンスに学ぶ


現在、外見より中身で練習会→盛り上がったらイベント企画を立て、文化的価値のある建物やクラシックホテルで行う。いずれ、そこへ人力車で乗り付けたり、クラシックカー、前のりしてホテルに宿泊してからの倶楽部へ参加、外国からのクラシックの招待、世界へ


その間にも、少人数をピックアップして単発で古い建物でイメージ動画等を撮る。


和と洋が混在した大正時代、洋を取り入れるにしても
ちゃんとそれを日本的に咀嚼解釈し取り入れていました。
戦後、、すべて米に習い合理化され、アイデンティティ含め、今色んな事を迷っているとすると、、ギアをそこへまず戻すところから始めたい、、

何故ペアダンスか?、、

アンティークを稼働させ実際に使って見せる。
洋部分の良いところが全て入ってるダンスに学ぶ。 
エスコートやオシャレや会話、気配り 全体の調和。 
忘れたくないトキメキ。 
すべて、無駄なく入っていて素晴らしいと思います。。 
ダンスは自分ひとりではできない。 
相手があっての事。きっとオシャレも 
エスコートも相手を思う気持ちや心が先。での事だと… 
今は恰好や自分だけ… 
クラシックスタイルで踊るワケには そんな思いがあります。。 
そして、、、もし、、もしも、、昔に帰り 
亡くなった日本の若者達が甦ったら… 
この気持ちや心を目指すと思うからです… 

だから、鎮魂の意味も有るというか…

ノンアルコール、ノンスモーク

 

文化を世界に向けやっていきたいです。。。
 

スタイルや場所についてはこちら

​09054384223 稲本まで


⑨●これからの事
⑩●SNS
Facebook

東京蛍堂、tokyohotarudo検索の事

Instagram

東京蛍堂、tokyo_hotarudo検索の事
旧蛍堂ブログ

https://tyohotaru.exblog.jp/
⑪●各種取材された作品

お店が映画に!?

https://yumenomanimani.com/

playtokyo

https://youtu.be/Md1asWumyFM?si=9PsWZfVr8D-6efEh

読売新聞

https://www.yomiuri.co.jp/hobby/travel/20231113-OYT1T50021/

​東東マガジン

https://higashi-tokyo.com/2014/11/24/tokyohotaurdo-zenpen/

NHK美の壺

https://omotedana.hatenablog.com/entry/bi%2A573/TaishoRoman

bottom of page